肌を傷つけないための洗顔

洗顔をするときに気をつけること

ほぼすべての方は顔を洗うことでしょう。
その時、知らず知らずのうちに肌を傷つけてしまっているかもしれません。
このページでは、洗顔時に肌を傷つけない方法を紹介していきます。

まず、洗顔する際に気をつけることは、力を入れてこすり過ぎないということです。
洗顔時に力を入れてこすると、汚れが落ちているように感じるという方もいますが、それよりも肌を傷めてしまうことになるので注意が必要です。

また肌へ負担を与えると、乾燥やシワを引き起こすことになります。ニキビや毛穴のざらつきを気にする人ほど、力強くこすってしまう傾向にあります。
こすることは肌にとって「百害あって一利なし」といえるので、男性・女性に関係なくすぐにやめましょう。

洗顔料を使えば、肌に乗せるだけで汚れを浮き上がらせてくれますので、こする必要はまったくありません。 なるべくこすりつけないようにするために、洗顔料をよく泡立てておきましょう。手でうまく泡立てることができない場合には、泡立て用のネットやスポンジを使うといいでしょう。

顔を洗う時には、手を洗った後にぬるま湯で顔を少し濡らしておきます。顔の皮膚では、額と鼻が最も丈夫で、続いて頬、最も弱いのが目元ですので、この順番に洗っていくといいでしょう。顔が風船か卵と考えて、それを割らない程度の力で、泡で顔を包みこむようにして洗うのがお勧めです。

洗い終わったらぬるま湯を使って手早く洗い落します。額から鼻にかけてのTゾーンに脂が残っているようであればもう一度軽く洗ってもいいでしょう。